3.11東日本大震災復興支援寄付プロジェクト

JP | EN

JP | EN

寄付で繋がる「サクラサク」

寄付で繋がる
「サクラサク」

NEMを活用したブロックチェーンアート
「桜繋ぎ」。

1.皆様一人一人のNEM募金が桜の花びらとなり、寄付の度に徐々に桜の花が咲いていきます。
2.1,000XEM貯まるごとに桜が満開になります。
3.満開になった桜の木は、1つの「桜のブロック」に変化し、ブ ロックが連なっていきます。
4.花が咲く前の桜の木に戻り、また徐々に花を咲かせていきます。
この流れが繰り返され、皆様の寄付が桜の花でどんどん繋がっていくのが「桜繋ぎ」です。
Beautiful cherry blossom sakura in spring time over blue sky.
ブロックチェーンNEMを活用して、XEMによる総募金額(改ざん不可)を表示し、アート化しています。
皆様がどのタイミングで「桜繋ぎ」を起動しても、同様のアート作品が表示されます。まさに、皆様の寄付が桜の花びらとして繋がり、アートが形成されていくのです。
さらに、NEMはメッセージ付きの送金が可能なため、寄付の際のお気持ちをメッセージに載せて送金すると、皆様の画面にメッセージがそのまま表示されます。ぜひ、メッセージ付きで募金いただけますと幸い です。

ブロックチェーンアート「桜繋ぎ」

それぞれの想いは花びらとなり繋がり、広がる。
やがて大きな桜となり、その想いを大地が育てていく。

寄付の方法

以下のNから始まる40桁の震災復興支援専用NEMアドレスに、募金するXEM数を入力して (可能であればメッセージ付きで ※絵文字利用可能😆✨)送金してください。
3.11 復興支援専用NEMアドレス
ND2OCJ4HOPTONGTN23ZZKNJ2B3EOX67ETVYTWDNU
ND2OCJ4HOPTONGTN23ZZ
KNJ2B3EOX67ETVYTWDNU

< 注意事項 >

1:寄付という性質上、原則として返金には応じられません。送信するXEM量を十分にご確認の上、ご送信ください。
2:「桜繋ぎ」の動作に関しては、NEM公式Walletである「NEMWallet(デスクトップ、スマートフォン)」での確認が取れております。皆様の大切な寄付金ですので、是非、NEM公式Walletからの送金をしていただけますと幸いです。

※この3.11復興支援専用NEMアドレスは、オプトイン手続き完了済みです。後に付与される、スナップショット時のXEM保有量と同量のXYMについても、3.11復興支援のための寄付として取り扱ってまいります。

「桜繋ぎ」の育て方。

寄付手続きをしたあとにWebアプリ「桜繋ぎ」を確認すると、皆さんの募金額が桜の花びらとなって反映され、また、メッセージも同時に表示されます。タイミングが合えば、お互いのメッセージを見ることもできます。(※1XEM〜3XEMで1枚の花びらとなります。)
募金額が1,000XEMを超えますと、桜吹雪が舞い、そして、1つの桜ブロックが生成されます。(1桜ブロック=1,000XEM)
ふたたび、桜は元の桜木の状態に戻り、寄付が送られるごとにその花を咲かせ満開に近づいていきます。そして、桜ブロックがまた1つと繋がっていくのです。
※2021年4月17日、ありがたいことにたくさんの寄付をいただき、桜ブロックの数が表示領域を超えたため、桜ブロックを2段階構成に更新しました。

STEP1:1,000XEM貯まるごとに桜が満開になる → 1つの「グレーフレームの桜ブロック」に変化
STEP2:グレーフレームの桜ブロック5個(=5,000XEM) → 1つの「ピンクフレームの桜ブロック」に変化

1つのグレーフレーム桜ブロック = 1,000 XEM
1つのピンクフレーム桜ブロック = 5,000 XEM

日本円での募金に関して

日本円での募金も、ブロックチェーンアートに反映させたいと考え、以下の方法をとりました。
1.NEMTUSにて日本円の入金を確認。
2.一定のタイミングで、募金額と同じ枚数の独自モザイク「nemtus:sakura20210311」をNEMTUSから専用寄付アドレスに送信。
3.「桜繋ぎ」を確認すると、通常の桜の花びらと異なる「赤みがかった桜の花」が咲きます。

継続的に、世界中から寄付を募ります。

継続的な復興支援が大切です。

初回:2021年4月30日まで

以降:毎年年度末ごと

XEM、日本円での寄付を受け付けしております。NEMの最新版であるSymbolの公開後(3月15日以降)におけるXYMでの受付について、現在検討中です。暗号資産取引所での取扱開始状況を踏まえ、決定次第ご案内いたします。

寄付金のお届け先と用途について

次の3県県庁の311震災のための義援金またはこども育英募金の受付窓口へお届けします。この義援金・寄付金は、各県内被災者の生活支援やこどもたちの支援に活用されます。
●義援金は、住家被害や原発避難、死亡・行方不明などの被災者に対する生活支援として配分されます。
●こども育英募金は、震災孤児、震災遺児への支援金・奨学金、里親支援センター、心のケア支援事業、親子滞在型支援施設事業などに活用されます。

NEMでの寄付について

XEM送金での寄付は、次の311震災復興支援専用NEMアドレス(Nから始まる40桁のアドレス)宛にお送りくださいますようお願いいたします。その後、NEM寄付フォームにてお名前やご住所などをご申告お願いできますと幸いです。(任意)

日本円での寄付について

コングラントという寄付決済管理システムを利用し受けつけております。
・クレジットカードによる送金
・銀行振り込み
上記2種類のお手続きが可能です。
※メッセージ欄に必ず「311復興支援」とご記入ください。
Logo_main_color_4x_xh
特定非営利活動法人NEM技術普及推進会NEMTUS