3.11東日本大震災復興支援寄付プロジェクト

JP | EN

JP | EN

NEMで世界を繋ぐ復興支援

NEMで世界を繋ぐ
復興支援

東日本大震災から10年となる、2021年。

現地では、未だ復興途上である現実。

未来へ向けて、”いま”を歩む一助として、わたしたちができる事には何があるだろう。

そして、NEMブロックチェーンを使ってできる事には何があるだろうか。

復興への想いが繋がった先に、

わたしたちの未来が広がっていく事を願って。

NEMを通じた復興支援プロジェクト。

 

NEMブロックチェーンを活用した、
東日本大震災 復興支援寄付プロジェクト。

The light in young woman hands in cupped shape. Concepts of sharing, giving, offering, taking care, protection

NEMを活用して世界中から寄付を募ります。NEMと日本円で寄付を受付し、福島、宮城、岩手の各県の県庁寄付窓口へお届けします。

Spring blossom background. Beautiful nature scene with blooming tree and sun flare. Sunny day. Spring flowers. Beautiful Orchard. Abstract blurred background. Springtime

ブロックチェーンアート「桜繋ぎ」。XEMで寄付をするごとに桜が育ち、花を咲かせていくNEMを使用したアートプロジェクト。

Japan,Calligraphy,And,Ink

福島、宮城、岩手の3県での現地イベント「揮毫(きごう」。3県に縁のある書家が祈りや願い、そして希望を記します。

Spring blossom background. Beautiful nature scene with blooming tree and sun flare. Sunny day. Spring flowers. Beautiful Orchard. Abstract blurred background. Springtime

NEMを活用したブロックチェーンアート「桜繋ぎ」。

皆様からいただいたNEM募金によって、桜の木に次々と桜の花が咲いていくという、ブロックチェーンアートとなります。 皆様1人1人の募金によって、桜が開花し、満開になり、そして満開の桜が1つのブロックとなり、また元の桜木に戻ります。
Japan,Calligraphy,And,Ink

宮城、岩手、福島から世界へ繋ぐ揮毫イベント。

書をNEMブロックチェーンに永遠に記録、保存、証明。世界中の誰もがいつでもすぐに見ることができ、いつまでも広く力強く伝えていくことができます。想いは繋がり、広がっていく。

継続的に、世界中から寄付を募ります。

継続的な復興支援が大切です。

初回:2021年4月30日まで

以降:毎年年度末ごと

XEM、日本円での寄付を受け付けしております。NEMの最新版であるSymbolの公開後(3月15日以降)におけるXYMでの受付について、現在検討中です。暗号資産取引所での取扱開始状況を踏まえ、決定次第ご案内いたします。

寄付金のお届け先と用途について

次の3県県庁の311震災のための義援金またはこども育英募金の受付窓口へお届けします。この義援金・寄付金は、各県内被災者の生活支援やこどもたちの支援に活用されます。
●義援金は、住家被害や原発避難、死亡・行方不明などの被災者に対する生活支援として配分されます。
●こども育英募金は、震災孤児、震災遺児への支援金・奨学金、里親支援センター、心のケア支援事業、親子滞在型支援施設事業などに活用されます。

被災地の方々へ、
こどもたちへ。

現在から未来につなぐ
笑顔の架け橋へと。

被災地の方々へ、こどもたちへ。

現在から未来につなぐ笑顔の架け橋へと。

Beautiful cherry blossom sakura in spring time over blue sky.

被災地に縁のある書家による揮毫イベント、ブロックチェーンアート「さくら繋ぎ」、どちらもNEMの特性を活かし、被災地の方々へ確実に想いを贈り、保存し、そして世界へ伝えていくことができます。

これから先の未来へ、そして明るい未来を創っていくこどもたちへ。

この想いを未来へ繋げ、広がるきっかけになることを願って。

Beautiful cherry blossom sakura in spring time over blue sky.

被災地に縁のある書家による揮毫イベント、ブロックチェーンアート「さくら繋ぎ」、どちらもNEMの特性を活かし、被災地の方々へ確実に想いを贈り、保存し、そして世界へ伝えていくことができます。

これから先の未来へ、そして明るい未来を創っていくこどもたちへ。

この想いを未来へ繋げ、広がるきっかけになることを願って。

NEMでの寄付について

XEM送金での寄付は、次の311震災復興支援専用NEMアドレス(Nから始まる40桁のアドレス)宛にお送りくださいますようお願いいたします。その後、NEM寄付フォームにてお名前やご住所などをご申告お願いできますと幸いです。(任意)

日本円での寄付について

コングラントという寄付決済管理システムを利用し受けつけております。
・クレジットカードによる送金
・銀行振り込み
上記2種類のお手続きが可能です。
※メッセージ欄に必ず「311復興支援」とご記入ください。
震災から10年となる2021年、いまだ復興途上であることを再認識し、未来へ向けていまを歩む一助としてNEMを役立てたい。
パブリックブロックチェーンの強みを活かし、日本のみならず世界中どこからでも寄付取引が容易に可能であることを実践で示し、コミュニティ指向であるNEMによって社会貢献するための土壌を築きたい。
NEMを通し世界中のNEMberの皆さんや、イベントに興味を持たれた皆さんからの"想い"を受取り、東日本大震災で特に被害の大きかった地域の方々へお届けしたいと思います。
当ページの拡散にご協力ください
記事URLをコピーする
Logo_main_color_4x_xh
特定非営利活動法人NEM技術普及推進会NEMTUS